深作欣二監督(『仁義なき戦い』『バトル・ロワイアル』)と三池崇史監督(『デッド・オア・アライヴ』『オーディション』)という日本映画界を代表する2人の巨匠が、ヤクザの専門家である藤田五郎氏の暴力小説『名誉の墓場』を、それぞれの時代の流れに沿って独自に映画化した作品です。

1975年に公開された深作監督のオリジナル作品は、戦後の混乱期を舞台に、実在のギャングである石川力夫(渡哲也/『アウトロー・ギャングスターVIP』)の成長と衰退を描いたものです。深作監督の『仁義なき戦い』と同様に、厳しいリアリズムと疑似ドキュメンタリーの手法で撮影されているが、残忍な犯罪の世界で手段を選ばず生き抜く、仁義も倫理もないヤクザを描くことで、深作監督は新たな境地を開いた。

一方、三池監督が2002年に再映画化した作品は、物語の舞台を2000年初頭の東京に移しています。深作監督の映画をそのままリメイクしたというよりは、同じ大枠を根本的に再構築したという感じだが、三池監督は現代日本の犯罪シーンの快楽主義と虚無主義の両方を非常にスタイリッシュに表現しており、オリジナルの魅力的なコンパニオン作品でありながら、独自の存在感を放っている。

アロー・ビデオは、2人の著名な映画監督が創造力のピーク時に制作した、この2つの絡み合ったユニークなクライム・スリルを紹介します。

特別な機能。

  • 1975年に公開された深作欣二監督作品と2002年に公開された三池崇史監督作品、2つの異なるバージョンの「名誉の墓場」を2枚組で収録
  • イアン・マキューアン氏の描き下ろしアートワークを使用した特別版パッケージ
  • リバーシブル・スリーブには、イアン・マキューアン氏によるオリジナル・アートワークと新規描き下ろしアートワークが施されています。

ディスク1 - 栄光の墓場 (1975)

  • 高画質Blu-ray™(1080p)上映
  • オリジナル・ロスレスPCM1.0モノラル・サウンドトラック
  • 任意の英語字幕
  • 作家・評論家のマーク・シリング氏によるオーディオコメンタリー
  • 風船のように。評論家であり、Projection BoothのポッドキャストホストでもあるMike White氏によるビジュアルエッセイ「The Life of a Yakuza」。
  • 深作監督とその作品のアーカイブを鑑賞する「A Portrait of Rage」では、映画監督、研究者、監督の友人などのインタビューを掲載しています。
  • 深作監督との撮影現場で、小栗健一助監督のアーカイブ・インタビュー
  • シアター・トレイラー
  • イメージギャラリー

ディスク2 - 名誉の墓場 (2002)

  • 高画質Blu-ray™(1080p)上映
  • オリジナルロスレスPCM2.0ステレオサウンドトラック
  • 任意の英語字幕
  • 三池氏の伝記作家トム・メス氏によるオーディオコメンタリー
  • Men of Violence」です。作家・評論家のキャット・エリンジャー氏による映像エッセイ「三池崇史の映画における男性の原動力
  • 三池監督とキャストの岸谷五朗さん、有森也実さんのアーカイヴ・インタビュー・スペシャル
  • アーカイヴのメイキング映像
  • アーカイヴの "メイキング映像 "ティザー
  • プレスリリースに掲載された三池監督、岸谷氏、有森氏のインタビューのアーカイブ
  • 三池氏、岸谷氏、有森氏のアーカイヴ「プレミア・スペシャル
  • シアター・トレイラー
  • イメージギャラリー
studio:
  • Arrow Video
RunTime:
  • 131 mins approx
certificate:
  • 18
mainLanguage:
  • English
numberDisks:
  • 2
ブランド:
  • Arrow Video
director:
  • Kinji Fukasaku
  • Takashi Miike
subtitleLanguage:
  • English SDH

TheatricalReleaseYear:
  • 2002
region:
  • B

栄誉の墓場

Blu-ray
JPY 4152.0

定価 ¥4,983

¥4,152

割引: ¥831

数量:

( 0 item is in your basket items are in your basket )

 

在庫あり・通常24時間以内に発送

Live Chat

つながるまでの平均時間は25秒です

つながるまでの平均時間は25秒です

配送・返品

配送について詳しい情報はこちら »
 

アイテムに満足しない場合

誤ってご注文してしまった場合、キャンセルするためにアカウントへログインしメッセージセンターを経由してカスタマーサービスへご連絡願います。商品の破損などにより交換・返金を受ける場合、アカウントへログインしメッセージセンター経由でカスタマーサービスへご連絡願います。返品については当社の規約をご確認ください。 こちら

深作欣二監督(『仁義なき戦い』『バトル・ロワイアル』)と三池崇史監督(『デッド・オア・アライヴ』『オーディション』)という日本映画界を代表する2人の巨匠が、ヤクザの専門家である藤田五郎氏の暴力小説『名誉の墓場』を、それぞれの時代の流れに沿って独自に映画化した作品です。

1975年に公開された深作監督のオリジナル作品は、戦後の混乱期を舞台に、実在のギャングである石川力夫(渡哲也/『アウトロー・ギャングスターVIP』)の成長と衰退を描いたものです。深作監督の『仁義なき戦い』と同様に、厳しいリアリズムと疑似ドキュメンタリーの手法で撮影されているが、残忍な犯罪の世界で手段を選ばず生き抜く、仁義も倫理もないヤクザを描くことで、深作監督は新たな境地を開いた。

一方、三池監督が2002年に再映画化した作品は、物語の舞台を2000年初頭の東京に移しています。深作監督の映画をそのままリメイクしたというよりは、同じ大枠を根本的に再構築したという感じだが、三池監督は現代日本の犯罪シーンの快楽主義と虚無主義の両方を非常にスタイリッシュに表現しており、オリジナルの魅力的なコンパニオン作品でありながら、独自の存在感を放っている。

アロー・ビデオは、2人の著名な映画監督が創造力のピーク時に制作した、この2つの絡み合ったユニークなクライム・スリルを紹介します。

特別な機能。

  • 1975年に公開された深作欣二監督作品と2002年に公開された三池崇史監督作品、2つの異なるバージョンの「名誉の墓場」を2枚組で収録
  • イアン・マキューアン氏の描き下ろしアートワークを使用した特別版パッケージ
  • リバーシブル・スリーブには、イアン・マキューアン氏によるオリジナル・アートワークと新規描き下ろしアートワークが施されています。

ディスク1 - 栄光の墓場 (1975)

  • 高画質Blu-ray™(1080p)上映
  • オリジナル・ロスレスPCM1.0モノラル・サウンドトラック
  • 任意の英語字幕
  • 作家・評論家のマーク・シリング氏によるオーディオコメンタリー
  • 風船のように。評論家であり、Projection BoothのポッドキャストホストでもあるMike White氏によるビジュアルエッセイ「The Life of a Yakuza」。
  • 深作監督とその作品のアーカイブを鑑賞する「A Portrait of Rage」では、映画監督、研究者、監督の友人などのインタビューを掲載しています。
  • 深作監督との撮影現場で、小栗健一助監督のアーカイブ・インタビュー
  • シアター・トレイラー
  • イメージギャラリー

ディスク2 - 名誉の墓場 (2002)

  • 高画質Blu-ray™(1080p)上映
  • オリジナルロスレスPCM2.0ステレオサウンドトラック
  • 任意の英語字幕
  • 三池氏の伝記作家トム・メス氏によるオーディオコメンタリー
  • Men of Violence」です。作家・評論家のキャット・エリンジャー氏による映像エッセイ「三池崇史の映画における男性の原動力
  • 三池監督とキャストの岸谷五朗さん、有森也実さんのアーカイヴ・インタビュー・スペシャル
  • アーカイヴのメイキング映像
  • アーカイヴの "メイキング映像 "ティザー
  • プレスリリースに掲載された三池監督、岸谷氏、有森氏のインタビューのアーカイブ
  • 三池氏、岸谷氏、有森氏のアーカイヴ「プレミア・スペシャル
  • シアター・トレイラー
  • イメージギャラリー
studio:
  • Arrow Video
RunTime:
  • 131 mins approx
certificate:
  • 18
mainLanguage:
  • English
numberDisks:
  • 2
ブランド:
  • Arrow Video
director:
  • Kinji Fukasaku
  • Takashi Miike
subtitleLanguage:
  • English SDH

TheatricalReleaseYear:
  • 2002
region:
  • B
お客様からの口コミ評価

現在は口コミがありません

口コミを投稿して頂いたお客様に抽選でクーポンをプレゼント!