実相寺昭雄氏は、日本の映画・テレビ業界で50年間にわたり、豊かで多様な作品を生み出してきました。1960年代のテレビシリーズ「ウルトラマン」や、1988年に公開された大ヒット映画「TOKYO」などのSF作品で知られています。最後のメガロポリス。また、「屋根裏の見張り番」や「D街の殺人」など、1990年代にホラー小説や推理小説の作者である江戸川乱歩を映画化した作品を挙げる人もいます。そして、アート・シアター・ギルドのための彼のニューウェーブ映画があり、そのうちの3作品(『This Transient Life』、『Mandala and Poem』、『The Buddhist Trilogy』)がここに集められています。

1970年のロカルノ映画祭で金豹賞を受賞した「This Transient Life」は、アートシアターギルドの最も成功した作品の一つであり、最も物議をかもした作品でもあります。この映画では、裕福な家庭に生まれた兄妹が、期待に反して活躍します。兄は進学や父親の事業に興味を示さず、仏像に夢中になり、妹は次々と現れる求婚者や結婚の話を断り続けます。二人の親密さと孤独感が近親相姦のような関係を生み、それが災いをもたらします。

実相寺の初のカラー作品である『曼陀羅』は、レイプによって勧誘され、性の解放によって真のエクスタシーを得ようとするカルト集団に焦点を当てた、物議を醸す題材であった。実相寺氏のアートシアターギルドの他の作品と同様に、極端に様式化された方法で撮影されたこの映画は、ピンクーのジャンルと、日本の同時代のニューウェーブの激しい実験的アプローチの間に位置しています。

三部作の最後の作品である「Poem」は、モノクロに戻り、2人の兄弟の陰謀にどうしようもなく巻き込まれていく若い家政婦の厳粛な生活を描いています。大島渚監督の「太陽の埋葬」や今村昌平監督の「ブラック・レイン」の脚本家である石堂淑朗氏が、「This Transient Life」や「Mandala」の脚本を担当した「Poem」は、産業革命後の世界における信仰のあり方を追求した3部作の続編です。

特別な機能。

  • 高画質ブルーレイ(1080p)『この一過性の人生』『曼陀羅』『詩』の上映について
  • 3作品ともオリジナル非圧縮LPCMモノラル1.0音声
  • 任意の英語字幕
  • Eros Plus Massacre』の著者、デビッド・デッサー氏による3作品の紹介。日本のニューウェーブの紹介
  • デッサー氏による3作品のシーンセレクトコメンタリー
  • 曼陀羅」「詩」の劇場用予告編
  • maarko phntmによる新規描き下ろしアートワークを使用したリバーシブル・スリーブ。
studio:
  • Arrow Video
RunTime:
  • 394 mins approx
director:
  • Akio Jissoji
certificate:
  • 18
castList:
  • Kotobuki Hananomoto
  • Akiji Kobayashi
  • Eiji Okada
  • Kôji Shimizu
  • Hiroko Sakurai
  • Shin Kishida
  • Saburô Shinoda
subtitleLanguage:
  • English

mainLanguage:
  • Japanese
numberDisks:
  • 3
region:
  • B
ブランド:
  • Arrow Video

実相寺昭雄 - 仏教三部作

Blu-ray
JPY 4484.0

定価 ¥4,985

¥4,484

割引: ¥501

数量:

( 0 item is in your basket items are in your basket )

 

在庫あり・通常24時間以内に発送

Live Chat

つながるまでの平均時間は25秒です

つながるまでの平均時間は25秒です

配送・返品

配送について詳しい情報はこちら »
 

アイテムに満足しない場合

誤ってご注文してしまった場合、キャンセルするためにアカウントへログインしメッセージセンターを経由してカスタマーサービスへご連絡願います。商品の破損などにより交換・返金を受ける場合、アカウントへログインしメッセージセンター経由でカスタマーサービスへご連絡願います。返品については当社の規約をご確認ください。 こちら

実相寺昭雄氏は、日本の映画・テレビ業界で50年間にわたり、豊かで多様な作品を生み出してきました。1960年代のテレビシリーズ「ウルトラマン」や、1988年に公開された大ヒット映画「TOKYO」などのSF作品で知られています。最後のメガロポリス。また、「屋根裏の見張り番」や「D街の殺人」など、1990年代にホラー小説や推理小説の作者である江戸川乱歩を映画化した作品を挙げる人もいます。そして、アート・シアター・ギルドのための彼のニューウェーブ映画があり、そのうちの3作品(『This Transient Life』、『Mandala and Poem』、『The Buddhist Trilogy』)がここに集められています。

1970年のロカルノ映画祭で金豹賞を受賞した「This Transient Life」は、アートシアターギルドの最も成功した作品の一つであり、最も物議をかもした作品でもあります。この映画では、裕福な家庭に生まれた兄妹が、期待に反して活躍します。兄は進学や父親の事業に興味を示さず、仏像に夢中になり、妹は次々と現れる求婚者や結婚の話を断り続けます。二人の親密さと孤独感が近親相姦のような関係を生み、それが災いをもたらします。

実相寺の初のカラー作品である『曼陀羅』は、レイプによって勧誘され、性の解放によって真のエクスタシーを得ようとするカルト集団に焦点を当てた、物議を醸す題材であった。実相寺氏のアートシアターギルドの他の作品と同様に、極端に様式化された方法で撮影されたこの映画は、ピンクーのジャンルと、日本の同時代のニューウェーブの激しい実験的アプローチの間に位置しています。

三部作の最後の作品である「Poem」は、モノクロに戻り、2人の兄弟の陰謀にどうしようもなく巻き込まれていく若い家政婦の厳粛な生活を描いています。大島渚監督の「太陽の埋葬」や今村昌平監督の「ブラック・レイン」の脚本家である石堂淑朗氏が、「This Transient Life」や「Mandala」の脚本を担当した「Poem」は、産業革命後の世界における信仰のあり方を追求した3部作の続編です。

特別な機能。

  • 高画質ブルーレイ(1080p)『この一過性の人生』『曼陀羅』『詩』の上映について
  • 3作品ともオリジナル非圧縮LPCMモノラル1.0音声
  • 任意の英語字幕
  • Eros Plus Massacre』の著者、デビッド・デッサー氏による3作品の紹介。日本のニューウェーブの紹介
  • デッサー氏による3作品のシーンセレクトコメンタリー
  • 曼陀羅」「詩」の劇場用予告編
  • maarko phntmによる新規描き下ろしアートワークを使用したリバーシブル・スリーブ。
studio:
  • Arrow Video
RunTime:
  • 394 mins approx
director:
  • Akio Jissoji
certificate:
  • 18
castList:
  • Kotobuki Hananomoto
  • Akiji Kobayashi
  • Eiji Okada
  • Kôji Shimizu
  • Hiroko Sakurai
  • Shin Kishida
  • Saburô Shinoda
subtitleLanguage:
  • English

mainLanguage:
  • Japanese
numberDisks:
  • 3
region:
  • B
ブランド:
  • Arrow Video
お客様からの口コミ評価

現在は口コミがありません

口コミを投稿して頂いたお客様に抽選でクーポンをプレゼント!